2017年07月123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月
..
プロフィール

あすたりん

なまえ:あすたりん
どんな人?:
ネット業界で働きながら初めてblogに参加してみました。まだ初心者で粗相があったらゴメンなさい。。。

※詳細プロフィールはこちら
※足跡帳はこちら
あすたりんと「ブロとも」になる

[管理画面]

カテゴリ

→全ての記事を一覧表示

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
「1970年大阪万博の軌跡」で見た未来への希望(前編・太陽の塔)
私が生まれたのは1972年。
山陽新幹線が岡山で開通沖縄返還日中国交正常化など…
まさに激動の時代でした。
その2年前に開催されたのが「大阪万博」
総入場者数6,400万人という空前たる規模で行われた万博と
当時、想像した未来というのに興味があり
前から気になっていた、上野国立科学博物館で開催されている
特別展「1970年大阪万博の軌跡」を観てきました。

↓特別展「1970年大阪万博の軌跡」


まぁ、特別協力が「20世紀少年制作委員会」で
最後に撮影に使用した衣装や小道具の展示があったのですが
この特別展自体、映画宣伝のニオイプンプンってのが気に食わず
そこはスルーしてきたのでしからず(笑)

けっこう見ごたえあったので3部作でお届けします。
今回は「太陽の塔」を中心に紹介します。
…てか大阪万博でない世代は、これしか知りませんが(笑)
先ずは、当時作成された万博会場全体模型。
入ってすぐの中央に展示されています。

↓大阪万博会場全体模型


まぁ…写真が小さくて分からないかと思いますが
私にとって興味あるのは、各パビリオンの建物デザイン。
写真でしかみたことなかったのですが
ちっこい模型でも、当時の凄さと「人類の進歩と調和」
ここに詰まってると思うと…当時、行きたかったですねぇ。
自然との調和も大事ですけど、
いまは環境問題ばかりが先行しすぎてて
どうも「未来」に「夢」というキーワードが結びつかない。。。


↓シンボルゾーン(太陽の塔)


大阪万博といえばコレでしょうww
施設の設計は丹下健三、テーマ展示を岡本太郎
イベント企画を伊藤邦輔、美術展示プロデューサーは富永惣一
と、
私でも知ってる建築家や芸術家が勢ぞろい。
当時、この巨大な屋根のような建造物は
日本の最高建築技術だったらしく
本当は穴なんかあける予定はなかったらしいですね。
それを岡本太郎が作成した「太陽の塔」があまりにも大きく
致し方なく設計しなおした
という逸話があるラシイです。
当時は「人類の進歩と調和」のテーマにあわせ
「人類の過去、現在、未来」が3階層で展示されていたらしいです。

↓「太陽の塔」(1/50模型)と「施設の鍵」


私は小中高と兵庫に住んでいたので
小学生の時代に遠足で「万博公園」に行き
「太陽の塔」は生で見ています。
子供ながらに「怖かった」記憶がありますが
当時は、夜になると目からサーチライトが照射されていたので
もっと怖かったのかもしんないww
「施設の鍵」は開会式典に用いられたもの。

↓シンボルゾーン模型(太陽の塔)


最初に出た会場全景の模型よりさらに精密なシンボルゾーン。
あえていうなら東京国際フォーラムとか東京ビッグサイトみたい。
今見ても古さを感じず、トラス構造の建築物ってやはり
そそられるものがありますねww
ちなみに現在はない「晴海見本市会場」は、各建物の形が全部バラバラ。
それぞれの建物が全て異なる建築工法や構造になっており
会場そのものが建物の見本市になっていたんですよね。

↓「太陽の塔」(正面)

↓「太陽の塔」(裏面)


今の万博公園にあるのは残念ながら記憶に無いですが
裏面ってこんなんだったのね。。。やっぱコワイ。
そして内部は、現在は公開されておらず
当時の展示物も撤去されてないそうですが…
なんと、今回はその内部の一部を再現したそうです!

実はこれが一番の楽しみだった♪

↓「太陽の塔」内部(生命の樹)


がーん!
まるで「TokyoDisneySea」のマー●イドラグーン!?
岡本太郎スゴス!!!
当時は内部全体がこんな感じだったラシイ。
是非、完全再現してほしいなぁ。万博公園でww

さて、次回は「太陽の塔」以外を紹介します。
「月の石」とか「人間洗濯機」とか(笑)
1970年。過去というより今の暗い世相を考えると
逆に未来の出来事のように感じるナァ。。。
[2009/02/01 23:56] | 社会科見学 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前の記事 | ホーム | 次の記事>>
コメント
コメントの投稿


※空欄でもOKです

※空欄でもOKです







管理者にだけ表示を許可する

<<前の記事 | ホーム | 次の記事>>
トラックバック
トラックバック URL
http://asteriskblog.blog90.fc2.com/tb.php/84-1ea1f356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

-----  P R  -----

チューリッヒ保険


200円~/15分でクルマに乗れる!タイムズプラス

JAL 日本航空 特便割引

blog内の検索

メールフォーム

足跡がわりに残してください。不具合報告や感想も大歓迎っ!

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。