2017年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年11月
..
プロフィール

あすたりん

なまえ:あすたりん
どんな人?:
ネット業界で働きながら初めてblogに参加してみました。まだ初心者で粗相があったらゴメンなさい。。。

※詳細プロフィールはこちら
※足跡帳はこちら
あすたりんと「ブロとも」になる

[管理画面]

カテゴリ

→全ての記事を一覧表示

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
中国語教材『スピードラーニング』を聞いてミタ!
最近でこそないもの、中国は仕事で散々行きました。
広州や東莞、深圳が主ですが、同じアジア圏で海を隔て
隣の国でありながら文化や習慣は全く異なります。

↓上海市新世界付近の繁華街。日本より都会ですわ。
中国上海市内(新世界付近)

で、毎回困るのが「言葉の壁」。
基本どころか全く英語は通じません。カタコトでも正直無理。
でも「漢字」だからなんとなく読めちゃうので
「ハングル文字」や「アラビア文字」と比べたらまだマシ。
でも、同じ漢字といいながら簡体字であったり、発音も意味も違うんですね。

あるホテルでの出来事です…
私はお茶のおかわりが欲しくてウェイターに
湯飲みを指差しながら「チャー」といいました。
首をかしげるウェイター。
暫く考えて「おおっ!まーかせて!」って感じで出て行き
持ってきたのは、なんと「フォーク」だったんです。

で、検証してみました。
日本語:「お茶を一杯ください」
中国語:「我要一杯茶。(Wǒ yào yì bēi chá)」

中国語のカッコ内は拼音(ピンイン)という発音記号です。
すごく端的に言うと中国語の基本は…
「伸ばす」「上げる」「抑える」「下げる」
の四声からなる「声調」に始まり、必ず「ma」から教えられます。

そこで今回の「チャー」の場合は「茶(chá)」でなく「叉(chā)」と聞こえ
「刺すものってなんだよ…そいや指でなんかしてたな」
から連想して「叉子(chāzi)」の「フォーク」となった訳です。
つまりカタカナ中国語だけでは、ぶっちゃけ役にたちません。

そうなると「ひたすら聞いて覚える」のは中国語の基本。
そんな折、中国語教材『スピードラーニング』というのを見つけました。
スピードラーニング中国語は「ひたすら聞いて覚える」という単純明快なもの。
とにかく中国語は「聞く」という要素なくしてぶっちゃけ無理です。
ましてや異なる文化や習慣はビジネスの場面において失礼に当たるので
コレを聞きながら一緒に覚えるのは一石二鳥。
私が行く地域は「広東語」ですが普通語(標準語)は「北京語」です。
こと中国語に関してはスクールも少なく時間も会わない場合が多いので
「聞いて覚える」だけで全然違います。
あと、中国では英語より、筆談より、「話す」ほうが値切れます(笑)
逆に日本にいるときは中国語を話す機会がないので
たまに聞いて思い出すって意味でも「聞く」という要素は必要だよなぁ。
しかも「酒の席」以外の言葉は知らないし(笑)






【語学イベント】英語・中国語・韓国語
[2008/11/13 00:13] | 気になる「アレ」をチェック!! | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前の記事 | ホーム | 次の記事>>
コメント
コメントの投稿


※空欄でもOKです

※空欄でもOKです







管理者にだけ表示を許可する

<<前の記事 | ホーム | 次の記事>>
トラックバック
トラックバック URL
http://asteriskblog.blog90.fc2.com/tb.php/23-3572ebc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

-----  P R  -----

チューリッヒ保険


200円~/15分でクルマに乗れる!タイムズプラス

JAL 日本航空 特便割引

blog内の検索

メールフォーム

足跡がわりに残してください。不具合報告や感想も大歓迎っ!

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。