2017年09月123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年11月
..
プロフィール

あすたりん

なまえ:あすたりん
どんな人?:
ネット業界で働きながら初めてblogに参加してみました。まだ初心者で粗相があったらゴメンなさい。。。

※詳細プロフィールはこちら
※足跡帳はこちら
あすたりんと「ブロとも」になる

[管理画面]

カテゴリ

→全ての記事を一覧表示

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
宇宙への奇跡を観る!「宇宙博2014」前編(幕張メッセ)
もう既に終わってしまいましたが、とある人の書き込みを見て「こりゃ絶対いかねば!!!」と思い行って来ました。予定ではサッと午前中に済ませて帰る予定が結局、夕方までいるほど面白かった♪ほんと写真であげたのは、これでもごくごく一部です!!!

恐らく日本で見られることは暫くないと思うので、じっくり見てきましたよw宇宙技術ってガガーリンがボストーク1号で初めて宇宙に行って、たかだか50年ちょいなんだからすごい話です。
space-expo2014_01.jpgspace-expo2014_09.jpg
※右は「サターンVロケット1/10模型」

私が生きてる間に宇宙へ行けるかどうかは微妙だけど~www

※流石に長さをウリにする「長いっちゅ~の!」でも限界があるので二部構成にしました
※宇宙への奇跡を観る!「宇宙博2014」後編(幕張メッセ)はこちら

「スペースシャトルアトランティス コックピット」意外に広いです。たぶん一般的な旅客機より広いような気がします。天井のスイッチに手が届くんでしょうか?
space-expo2014_02.jpg

「スペースシャトルアトランティス コックピット下部」下の部分がこうなってたのは知りませんでした。みんなコックピットに座ってるわけじゃないんですね。
space-expo2014_03.jpg

「国際宇宙ステーションきぼう」右に見えるパレットは実際にスペースシャトルで宇宙までいって持ち帰ったものだそうです。
space-expo2014_04.jpg

「宇宙ステーションきぼう先端部」この先に作業用プラットホームがあります。
space-expo2014_05.jpg

「宇宙ステーションきぼう天井」天地がない無重力空間で天井と呼ぶのかわかりませんがw
space-expo2014_06.jpg

「V-2ロケット金属外皮」残ってるもんですね。当時のドイツはとんでもなく最先端だったことを考えると戦争がなければ最初に宇宙へいったのはドイツだったかもしんないですね。
space-expo2014_07.jpg

「サターンVロケットエンジン」私の印象では意外に小さいですね。
space-expo2014_08.jpg

「ジュピターロケットのノーズコーン」かなりの高度から海へ落下してもほとんど壊れてないんですね。
space-expo2014_10.jpg

「ジュピターロケットのノーズコーン内部」センサー類ですかね?意外に配線が多いです。
space-expo2014_11.jpg

「マーキュリー計画の宇宙服」宇宙服がシルバー色なのって意外にもここまででしたw
space-expo2014_12.jpg

「マーキュリー計画の宇宙服」当時は船外活動がなかったとはいえ「チャック」があるのは驚きです!
space-expo2014_13.jpg

「アポロ計画の宇宙服(A7L)」よく知られている宇宙服はコレですよね。
space-expo2014_14.jpg

「アポロ計画の宇宙服(A7L)内部」こいうのあるんですね!
space-expo2014_15.jpg

「アポロ計画で使われたカメラ」中継で使ったカメラって意外に小さいですね。フィルムのほうのハッセルブラッドはあまりにも有名ですが、月へ行った現物が見られるのは嬉しい!
space-expo2014_16.jpg

「ルノホート月面探査車」当時のソ連が月面探査で使用しようとしてたそうですが、打ち上げ計画自体が中止になり使われなかったそうです。
space-expo2014_17.jpg

「ルノホート月面探査車」ちゃんとドリルがついてますw
space-expo2014_18.jpg

「アポロ月面車」タイヤはメッシュの金網です。こちらは完全レプリカだそうです。
space-expo2014_19.jpg

「アポロ計画で使用された手袋、ブーツ、月の石回収箱」ここに入れて月の石を持ち帰ったとなると、ただの箱も凄く見えますね!
space-expo2014_20.jpg

「アポロ月面船」船内が狭く重量を少しでも減らすためにて立って操縦してたそうです。計器らしいものは思ってたより少ないですね。
space-expo2014_21.jpg

「ジェミニ宇宙船再突入モジュール」再突入には優位な形状としてこうなったんでしょう。そう考えるとスペースシャトルの形状がいかに複雑かがよく分かります
space-expo2014_22.jpg

「ジェミニ宇宙船再突入モジュール内部」左右に二人乗り。普通に飛行機の操縦席と同じに見えます。
space-expo2014_23.jpg

「マーキュリーロケット」こちらは原寸。
space-expo2014_24.jpg

「マーキュリーロケット内部」エンジンを取ったら燃料だけかと思いきや意外にも複雑です。
space-expo2014_25.jpg

「マーキュリー宇宙船」宇宙船の中でも特に小さいといわれていますが、本当に小さいです。全体の大きさも軽自動車くらいです。
space-expo2014_26.jpg

「マーキュリー宇宙船内部」
space-expo2014_27.jpg

「サターンI型ロケットジャイロ」当時のアナログジャイロはデジタルセンサー化されて今は指の先サイズでスマホにも入ってるんだから驚きですw
space-expo2014_28.jpg

「ブロックハウス防爆ウインドウ」当時は厚い強化ガラスをつくる技術がなかったのか分かりませんが相当な枚数を重ねてるのがよくわかります。
space-expo2014_29.jpg

「アポロ16号軌道計算機」よく出てくる指令センターの調整卓です。意外にこざっぱりしてますね。
space-expo2014_30.jpg

「アポロ指令船前部ハッチ」宇宙服を着て出入するのは少々狭く感じます。
space-expo2014_31.jpg

「アポロ宇宙船ドッキング装置」初めて見ました!個人的には色々あったパーツ類でも興味を示した1つです。
space-expo2014_32.jpg

久々に「激長」になっちゃいました。ほんとこれでも、ごく一部なんですw
後編は、宇宙開発の歴史に大きな功績を残した「アポロ宇宙船」の登場です!

※流石に長さをウリにする「長いっちゅ~の!」でも限界があるので二部構成にしました
※宇宙への奇跡を観る!「宇宙博2014」後編(幕張メッセ)はこちら

--- infomation ---


■「宇宙博2014」(幕張メッセ)
住所千葉市美浜区中瀬2-1
電話03-5777-8600
開催期間7月19日~9月23日
開催時間9:30~17:00(入場は16:30まで)
入場料一般2,500円・高校、大学生1,500円・小中学生900円


↓「幕張メッセ」(千葉県美浜区)

大きな地図で見る
[2014/09/24 19:42] | 社会科見学 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前の記事 | ホーム | 次の記事>>
コメント
コメントの投稿


※空欄でもOKです

※空欄でもOKです







管理者にだけ表示を許可する

<<前の記事 | ホーム | 次の記事>>
トラックバック
トラックバック URL
http://asteriskblog.blog90.fc2.com/tb.php/226-231bc56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

-----  P R  -----

チューリッヒ保険


200円~/15分でクルマに乗れる!タイムズプラス

JAL 日本航空 特便割引

blog内の検索

メールフォーム

足跡がわりに残してください。不具合報告や感想も大歓迎っ!

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。